スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ジャンル 小説
なんとなくむしゃくしゃして小説を書く。

ジャンル:スマブラ ネタバレあり? 二次設定 真面目です シリアスっぽいです。




追記。
―――・・・


豪快なフルスイングによる鉄球でマリオは大きく吹き飛ばされた。


観客は悲鳴をあげわらわらと逃げ出す。

唖然としている姫二人は後ろから捕まった。

残ったカービィはあらゆる技を駆使して戦い見事に「一人」 の姫を救う。

もう一人は残念ながら捕まってしまった。

ウオォォォォォォ―――・・・

敵のしかけた爆弾がついに作動する。

空っぽになったスタジアムを爆弾が飲み込む。



一方こちら天空界。

全ての一部始終を見ていたピットが大慌てで女神「パルテナ」に告げる。

「パルテナ様!今地上界で―――」

パルテナが手を差し出すとピットは言葉を飲み込む。

その手から莫大な光が出現し、ピットは思わず目をつむる。

「・・・・っく」

恐る恐る目を開けると自分の腕には 3個の金の腕輪。
目の前には神弓が宙を舞っている。

思わず美しい光景に目を疑うピット。 しかし、今起きていることを思いだし、声をあげようとした。

そのとき

(受け取りなさい)

パルテナの声が聞こえた。

突然の声に驚くピット。

(あなたも今起きたことはわかっているのでしょう?)

ごくり、と何かを飲み込むピット

(さあ、お行きなさい!)

ピットは神弓を受け取るとくるりと踵を返し、顔をむけて言葉を放つ

「行ってきます」

そういうとピットは走ってゆき、地上界に繋がる扉を開けた。

パルテナが思いを伝える視線で見つめた後、微笑む。

それを見てピットも微笑みながら地上界へと飛び立った。





ピットは考えていた。

親衛隊長である自分が女神の元を飛び出していいのだろうか?

しかし、一つの光景を目辺りにし、その考えはいっきに吹き飛ぶ

強大な戦艦が黒紫色の粒をばら撒いている。

ピットは結論を出した。 

自分が地上界を守る力にならねばいかないのだ と

飛び出そうとしたピットは何かに躓く。

「いてっ!」

躓いたピットは無抵抗のまま顔を石にこ擦る。

突然のダメージに思わず怒るピット。

自分は何に躓いたのかと、振り返る。

しかし、そこには石でもなんでもない。

マリオのフィギュアが倒れていた。

マリオといえば有名な大スターである。

そのようなスターがなぜ戦闘不能でここにいるのか? ピットは理解ができなかった。

そう、この世界では戦闘不能になった者はフィギュアになるのだ。

ピットのまわりにはハテナマークがくるくるとまわる。

しかし、粒の異変を感じ構えるピット。

「・・・・・!!」

粒から無数の兵士が生み出されこっちにむかってくる。

「なんなんだよ一体・・・」

ピットはハルバードが来た辺りで大慌てだったため、この兵士のことは全くもってわからない。

ピットは横にあるマリオのフィギュアの台に触れる。

この世界では台に触れることによって戦闘不能から復帰するのである。

「・・・・んっ」
マリオは、頭を掻きながら目を覚ます。

しかし、マリオはゆっくりと起き上がることは出来なかった。

さっきも突然現れた兵士と一人の少年が戦っているのである。

混乱のままマリオは少年を悪い奴ではないと判断すると

立ち上がりながらも兵士に攻撃。

ピットと顔を合わせると二人は弾丸のように敵を蹴散らす。

近くに敵がいないことを確認すると二人は背中を合わせて腰を下ろした。

「いやぁ 助かりましたよ マリオさん」

笑顔で話しかけてくるピット。

「いやいや こちらこそ えと・・・」

「あ、自己紹介が、まだでしたね。 僕はピットといいます。」

「そうか。ありがとうピット。 君がいなかったらいまごろどうなっていたか・・・」

思わず体を震わせるマリオ。

「ところで、マリオさん。」

言葉を続けようとしたピットにマリオが割って入る。

「いや、マリオでいいよ。」

「そう?じゃあ、マリオ、あの兵士はなんだかわかる?」

「すまん、実はよくわからない」

「ただ、わかっていることはある。」

「どんな?」

「あいつらは自分達の敵だ。」

・・・

――沈黙がながれる。

「ま、くよくよしててもしかたがない。」

コクリ。 と頷くピット。

二人は立ち上がると

「いくぞ!」
「はい!」

地上目指して下に下りていった・・・・





と、そのとき。

盛大にマリオがコケる。

マリオは無抵抗のまま顔を擦る。

「いってーな!ちくしょう!」

「あはは・・・。」

乾いた笑いでピットはマリオを見つめる。

「(デジャヴだデジャヴ)」

「なんかいったか?」

大きく顔を擦ったマリオがこちらを睨むように見る。

「いやいや、なにも。」
ピットは弁解の言葉をつむぐ。

なにに躓いたかマリオは後ろを見る。

「おい、これ・・・」

二人はハッとした。

そこにあったのはさっきの兵士のフィギュアだった。

「スマッシュプレートに当たって自爆したか?」
「それにしては小さすぎます。」

二人は悩みに悩んだ結果、結論をだした。

「「せーの」」

二人でフィギュアの台座に触れた。

キュイイィィィィィィィン・・・・

眩い光に包まれて兵士は、フィギュアから元にもどった。

二人は後ろに一歩下がる。

しかし、敵は襲ってこようとはしなかった。
それどころかこちらを見たまま、座っている。

二人は万が一のため戦闘態勢を取っている。

「いやだなぁ そんな警戒しないでくださいよ。」

「「!!」」

「? 何を驚いているんです? あ、襲ってこないことですか?」

「「((喋ってる・・・))」」

「・・・・とにかく、大丈夫なんだな?」

「ええ、悪い奴じゃなさそうです。」

二人は!と?の世界から中々抜け出せない。















さぁ!いきなり喋ったプリムの正体とは!?

多分続かない!!










【2008/04/12 14:14】 | アホらしぎること | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<やたー! | ホーム | ちくしょうwwwwwwww>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanamati.blog103.fc2.com/tb.php/230-153aeed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
七色ヘヴン!


七色ヘヴンが・・・!息を・・・吹き返した・・・!

非常ボタン

いまだに勝てない

フレンドコードとか

ポケモン 3222 1442 6321                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              プラチナ:5370 3051 3297                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

ググれ!

俺について

ルルビイ

Author:ルルビイ
ポケモンを中心に適当な話題を見つけては愚痴る変な所です。
よく言われるのが「8割気に食わなくて2割同感」そんな感じです。
貧乳ロリ大歓迎。最近メガネと鎖骨と人外も好きです。
絵も描いてます。目標は「独特な画風で表情はエロい」
動画も上げてます。目標は「コメント20個」
誕生日は8/28です。「はにわの日」と覚えると便利です。なにに?
名乗る名前は「ルルビイ」ですが、ランダムマッチでは「サテン」
バトレボでは「リコピン」たまに「ハツクロ」と名乗ったりもします。
基本的に「ルルビイ」でOK。むしろ正式名称というか
なんでこんなに増えちゃったんだろう。反省。
最後に一つ、
イカ娘はワシが育てた。

激しく支援
G-3様

こちら

ごめんね、このバナーはポケダンのなんだけど、俺はポケダン限定じゃないんだ((



色々おめでとう!


また、性的欲心を弄ぶ淫らなサイトへのコメントをオール遮断するため
様々な言葉を禁止しているため、その部分ご注意くださいませ

ご要望があったのでメアド載せときます。
「nanamathi★yahoo.co.jp」
(★→@) で無事届くはずです。「h」が入ってるので注意。
別にえっちなわけではありません。被りました。それだけです。

カレンダー

また新たに増えてしまった・・

こんなところでコメントくれました

トラックオーラーイ

今までやっていた時間

お店のアレ

現在町で迷ってる人達の数

現在の閲覧者数:

相手の攻撃にたいしての反撃

この町におとずれた人達の数

カリポリソーダ

飽きたらコチラへ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ばーちゃん

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。